【京都鉄道博物館】

 先月になりますが、移動支援にて「京都鉄道博物館」に行って来ました!

 

 大阪弁天町駅前にあった「交通科学館」この施設が閉館し、新しく京都に出来た博物館ですが、規模も豪華さも段違いの素晴らしい博物館で、老若男女・家族連れでいっぱい!

 

 私は「鉄オタ」(笑)では無いのですが、童心に戻って楽しむことができました(^◇^)

 

 

 

 平成28年4月29日、鉄道の歴史を通して日本の近代化のあゆみを体感していただける「京都鉄道博物館」が、伝統を重んじながらも常に革新を続ける京都の地に開業しました。

当館の基本コンセプトは「地域と歩む鉄道文化拠点」です。「鉄道を基軸とした事業活動を通じた地域の活性化に貢献する」という基本ミッションを掲げ、地域との共生を目指します。

 

 


 博物館として、学校教育、周辺施設など、地域との連携を図り、地域の活性化に寄与するとともに、広く皆様に受け入れられる「憩いの場」となるとともに、「見る、さわる、体験する」ことで誰もが楽しむことができる「学びの場」となることを目指します。
また、先人が築いてきた鉄道の歴史をふまえ、その安全・技術・文化の継承・発展・創造のために活動することで、鉄道事業の社会的意義の浸透を図るとともに、豊かな感性と知性にあふれる社会の一端を担える博物館にします。

 

 


 鉄道の総合博物館として、鉄道の安全性や技術を伝える場の創出、博物館職員によるガイドツアー、JR西日本社員が博物館内で行うワークショップなどを通じて、鉄道ファンだけでなく幅広いお客様が楽しめ、鉄道についてより深く理解できる様々な文化活動を実施します。
さらに、博物館活動の核である資料の収集・保存を体系的に行い、調査・研究に努め、感動とひらめきを生み出す展示・教育普及活動に力を注ぐとともに、鉄道文化遺産の保存や継承を支援する役割も担うべく努力します。これからの京都鉄道博物館の活動にどうぞご期待ください。

 

 

                              京都鉄道博物館


☆ご挨拶☆ (play押して下さい!)

お問い合わせ

open-heart@orange.plala.or.jp

 ☎06-6748-8077

fax 06-6748-8087

 


ブログパーツUL5 count start 2012.3.01