コメダ珈琲について

 皆様も良くご存じの「コメダ珈琲!」ですが、最近弊社の近くにもバンバン新規出店しており、私も準常連wとして利用させて頂いております(´・ω・`)

 

 

 なんとっ(@_@)

 

 東証一部上場してますやんっ!コメダという名前は創業者の実家が米屋で「米屋の太郎」にちなむとか・・・・発祥は名古屋のモーニングらしいのですが、満席率とか考えてない?と思わせるくらいのイージーさ。(席も自由、滞在時間も自由)なぜか落ち着くんですよねぇ~(-。-)y-゜゜゜

 

 

 シロノワールが有名ですやね。(食べないけどw)

コメダ珈琲店アメリカンコーヒーとおまけの豆菓子珈琲所コメダ珈琲店は、同社が展開している喫茶店チェーンであり、主力業態の一つである。

 

 

店舗は愛知県を中心に676店舗(2016年2月現在)を展開しているが、直営店舗は11店舗のみ(2016年2月1日現在)で、現地のフランチャイズ会社に委託する形態が主である。また、ドミナント的な店舗展開を行っているのも特徴である。

 

 

長年東海地方のみで店舗展開を行ってきたが、2003年からは関東地方、2006年からは近畿地方でも店舗展開を始め、東北地方(山形県・宮城県・福島県)・北陸地方・中国地方・四国地方・九州地方(福岡県・佐賀県・熊本県・大分県)にも進出し、2016年6月現在、店舗網は東海地方を中心に39都府県に及んでいる。

 

 

 

2016年4月には中華人民共和国上海市に海外第1号店をオープンした。2012年には公益財団法人日本生産性本部サービス産業生産性協議会による顧客満足度調査において「カフェ」部門の第1位を獲得している。特徴コメダ珈琲 海老名FC店コメダ珈琲 流山おおたかの森店フランチャイズながら厳密なマニュアルがあるわけではなく、本部による最低限の指導は行われているもののオーナーの裁量となる部分が大きいので、メニューやサービスなどは店舗や地域によって多少の違いがあることがある(基本的には統一されている)

 

 

 

 

店の目印は黒地にオレンジ色の文字の看板である。これは日展評議員でもある書家の樽本樹邨が書いたもので、創業者が樽本の教え子だった関係で依頼されたものである。なお、コメダのマークのおじさんは、常連のデザイン学校生から依頼されて誕生したもので、「中世のヨーロッパの紳士がコーヒーを飲んでいる姿」をデザインしたものである。

 

 

基本的に一部を除きコーヒーを店舗では抽出せず、自社工場で抽出したものを配達して加熱して提供しているため、店舗による味のバラ付きは最低限に抑えられている。これにより厨房スペースなども抑えて効率をあげているという。パンも一部地域を除いて自社製造のものが提供されている。

 

 

郊外店舗には広い駐車場が付属していることが多く、店内はログハウス調のゆったりとした作りで、自由に読める雑誌や新聞が店内に多数用意されている。コーヒーそのものの味を楽しむことを主眼に置いた最近のカフェ店スタイルとは違い、昔ながらの喫茶店に近い雰囲気といえる。

【コメダ珈琲1号店!】

☆ご挨拶☆ (play押して下さい!)

お問い合わせ

open-heart@orange.plala.or.jp

 ☎06-6748-8077

fax 06-6748-8087

 


ブログパーツUL5 count start 2012.3.01