「ひいなまつり」(雛祭り!)

 本日早朝!某保育所にて玄関に大きなお雛さんが飾られていました!(*^▽^*)

 

 

 何年もひな人形を見ていない気も致しますが、じっくりと人形を見てみますと、昔の行事に中にある色々な想いや祈念を考えさせられました( ゚Д゚)

 

 

 

 3月3日は「ひな祭り」。女の子の健やかな成長を願い、美しいひな人形を飾ってお祝いする、日本の春の伝統行事です。実はこのひな祭り、もともとは女の子のためのお祭りではなく、邪気が入りやすい季節に「穢れ」を祓うための儀式だったそうです。

 

 

 

理由1 厄祓いをして不幸を遠ざけるため

ひな人形には、わが子の厄や災いを引き受ける役目があるので、いつまでも身近に置いておくと幸せな結婚もできないと考え、早く片付けて災いを遠ざけたほうがいいとされました。

理由2 きちんとした娘にしつけたいから

飾って美しいひな人形も、片付けるのが面倒。しかしずっと飾り続けていれば梅雨も近づいて、カビが生える心配も。それではせっかくの人形が台無しです。そこで、“片付けも満足にできないようではきちんとした女性になれず、いいお嫁さんにもなれない”と考え、早く片付けるようしつけました。

理由3 早く幸せになってほしいから

婚礼の様子を模したひな人形は、娘の結婚になぞらえることができます。早く飾り出すと「早く嫁に出す」、早くしまうほど「早く片付く(嫁に行く)」ととらえ、早くおひなさまのような幸せな結婚ができるよう願いました。

 

☆ご挨拶☆ (play押して下さい!)

お問い合わせ

open-heart@orange.plala.or.jp

 ☎06-6748-8077

fax 06-6748-8087

 


ブログパーツUL5 count start 2012.3.01