喀痰吸引事業所

 ここ最近、関係医療機関や相談支援の事業所様より、喀痰吸引・経管栄養の新規利用者の依頼が相次いでおります!(^^)!


 医療的知識や介護の領域の拡大の趣旨で、弊社も喀痰吸引等研修の履修者が5名おりますが、各々が実地での経験を積み、更なる事業所のレベルアップと開拓に邁進していきたいと考えております!





「社会福祉士及び介護福祉士法」の一部改正により、平成24年4月から、介護福祉士及び一定の研修を受けた介護職員等においては、医療や看護との連携により安全確保が図られていること等、一定の条件の下で『たんの吸引等』の行為を実施できることになりました。喀痰吸引等研修は、その法改正を受けて、施設や居宅において、たん吸引及び経管栄養を行える介護職員を養成するために、新しく制度化された研修です。喀痰吸引等研修には、第1号・第2号・第3号研修の3種類があります。第1号研修と第3号研修の実施可能な行為は、喀痰吸引(口腔内・鼻腔内・気管カニューレ内部)、経管栄養(胃ろうまたは腸ろう・経鼻)です。第2号研修は左記の医療行為のうち喀痰吸引:気管カニューレ内部、経管栄養:経鼻を実施することができません。第1号・2号が不特定多数のご利用者に行えるのに対し、第3号研修は特定のご利用者[具体的には筋萎縮性側索硬化症(ALS)又はこれに類似する神経・筋疾患、筋ジストロフィー、高位頸髄損傷、遷延性意識障害、重症心身障がい等を患っている療養患者や障がい者]に対してしか医療行為ができません。

☆ご挨拶☆ (play押して下さい!)

お問い合わせ

open-heart@orange.plala.or.jp

 ☎06-6748-8077

fax 06-6748-8087

 


ブログパーツUL5 count start 2012.3.01