だんじり太鼓の練習!


 本日は、大阪市の移動支援にて平野区の長吉長原の小学校体育館にて「だんじり囃子」の今年度最終練習会に同行してきました!(^^)!

 

 極寒の体育館の中での練習でしたが、皆の奏でる太鼓と鐘の大きな音で、寒さも吹っ飛ぶ勢いです(笑)華やかなだんじり祭りの裏側では、こうした地道な努力と練習があるのだと独り言ちていますと…

 

 

 太鼓の先生から!

 

 

『叩いてみませんか?( ^)o(^ )』との声が('_')

 

 

 それでは一丁!やってやるべっと、撥(ばち)を持って小太鼓の前で緊張する私。

先生の掛け声と共に見様見真似で叩いてみるも、リズムも音もド素人丸出しのブッサイクな音の羅列に皆が苦笑…

 

 ほうほうの体で退散し(笑)皆の練習風景を傍観しておりました。

私は、楽器という楽器が小学生の頃から全くダメで、リコーダーやハーモニカは当然、カスタネットも大嫌いな子供でした。しかし、太鼓を叩いてみて感じた事は、体育館の中に反響する音と振動、拡がりと臨場感、こういった雰囲気が時間の経過と共にトランス状態みたいな感じになっていくのを強く体感し、多くの人達が(利用者さんが)必死になる理由が分かった気がしました。

 

 

 

 太鼓…マジでハンパないほど難しかったです(>_<)

☆ご挨拶☆ (play押して下さい!)

お問い合わせ

open-heart@orange.plala.or.jp

 ☎06-6748-8077

fax 06-6748-8087

 


ブログパーツUL5 count start 2012.3.01