『吊り橋理論!』について

 あるあるある!(^^)!って・・・・・・ねーよっ(笑)

 

 

恋の吊り橋理論」は、カナダの心理学者、ダットンとアロンによって1974年に発表された「生理・認知説の吊り橋実験」によって実証されたとする学説。

 生理・認知説は人は生理的に興奮している事で、自分が恋愛しているという事を認識するというもの。


 実験のみで厳密に立証されている訳ではないが概ね正しいとされている。実験は、18~35歳までの独身男性を集め、渓谷に架かる揺れる吊り橋と揺れない橋の2ヶ所で行われた。

 男性にはそれぞれ橋を渡ってもらい、橋の中央で同じ若い女性が突然アンケートを求め話しかけた。

 その際「結果などに関心があるなら後日電話を下さい」と電話番号を教えるという事を行った。結果、吊り橋の方の男性からはほとんど電話があったのに対し揺れない橋の方からはわずか一割くらいであったというものである。


 揺れる橋 での緊張感を共有した事が恋愛感情に発展する場合があるという事になる。なお、
吊り橋理論 によって恋愛が発展した場合、多くの場合、長続きしないというのが通例である。


 極限状態、または一時的な緊張状態による興奮が理由での恋愛では、継続的な恋愛には発展していかないという結論に至る。

 しかし、あくまでも多くの場合であるからして、全てのケースにおいて適用されるケースではない。


 そもそも恋愛とはいくつかの条件が重なって導かれていくものである。私たちは普通、悲しい(内的原因)から泣く(結果)と考えます。

 また、ある人を嫌い(内的原因) だから避ける(結果)と考えます。しかし時には内的原因がハッキリしない場合もあります。


 そのような時私たちは、自分の行動や外部の情報を手がかりに、自分自身を理解することがあります。

 先の例では、泣いていることから、自分は悲しいんだと理解するということです。ところが、 このように推測した場合でも、自分では通常と同じように、悲しいから泣いていると理解してしまう。


  このように自分の感情を把握することを自己知覚といいますが、ここで自己知覚についてのおもしろい実験を紹介しましょう。

 一方のグループでは被験者がつり橋を渡る前に、そしてもう一方のグループはつり橋を渡っている途中で、実験者の女性(魅力的な女性)が「調査結果を知りたければお電話ください」 と言って電話番号を渡すと・・・


 つり橋を渡る前に渡されたグループのうちで、電話をかけてきた人は 37%、つり橋を渡ってる途中で渡されたグループのうちで、電話をかけてきた人は65%という結果 になりました。

 なぜ後のグループの方が電話をかけてきた人が多かったかと言うと、”つり橋を渡る興奮”によって起きるドキドキを、自己知覚によって”女性が魅力的なため”にドキドキしていると考えてしまったからなのです。


 異性と接していると、「もしかしてこれって恋なのかも!?」 なんて思う瞬間がありますよね。でも、その胸のドキドキ、本当に“恋”が原因なのでしょうか?

 というのも、かつてカナダの心理学者によって実証された吊り橋効果理論と呼ばれる学説があるからなのです。

 
 吊り橋効果理論”とは、“揺れるつり橋を渡ったことによるドキドキを、一緒につり橋を渡った相手へのドキドキだと勘違いし、恋愛感情だと思い込んでしまう理論”のこと。

 例えば、肝試しやジェットコースターなどスリリングな体験を共にした相手に対し、『あの時のドキドキは恋に違いない』と思い込んでしまい、恋愛感情が芽生えやすくなる効果のことを言います。

 とはいえ、ドキドキした時に無条件にその場にいた人に恋をするわけではありませんので、あくまで恋の起爆剤になりえると考えてください」


 そこで、20~30代の女性にアンケートを実施。吊り橋理論で恋愛感情が芽生えたことはありますか?」と質問してみました。


 「ある」と答えたのは11%。決して多くはないですが、吊り橋理論を経験した人はいるみたい! 一体どんなシチュエーションで恋が芽生えたのでしょう?

☆ご挨拶☆ (play押して下さい!)

お問い合わせ

open-heart@orange.plala.or.jp

 ☎06-6748-8077

fax 06-6748-8087

 


ブログパーツUL5 count start 2012.3.01