カテゴリーについて

 『ブス!』『でぶりん!』『百貫デブ!』『ブタ!』『小錦!』『太り獅子』…

 

ふくよかwwwな方の呼称は数多あるのですが、そのカテゴリーではございません(ー_ー)!!

 

10月度より弊社も『重度訪問介護!』の利用者様を担当させて頂く事になりました。開業時には介護保険の訪問介護、自立支援の身体・知的・精神のカテゴリーのみでしたが、東大阪市の移動介護に始まり、大阪市の移動介護、そして今回!重度訪問と!(^^)!

 

新しいカテゴリーに対峙する時には、やはり神経を遣いますし緊張するものです。

 

一週間もすれば、何年もこなしているような顔をしてサービスを実施していると思いますが(笑)次は視覚障碍者の『同行援護!』を経験してみたいと思っています!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    treasure seki (火曜日, 02 10月 2012 11:50)

    村川様

    色々なサービスに対応していかれる御社の取り組みに敬服いたします。

    他事業所が敬遠しがちなサービスではありますが、その需要にちゃんと向いあえるかが、本当の介護支援事業所だと私は思います。

  • #2

    open-heart728 (土曜日, 06 10月 2012 23:09)

    treasure sekiさんへ


    commentありがとうございます<m(__)m>


    色々なサービスに対応していく事!

    これは弊社のような新規事業所に取っては、必須でもあり当たり前の事であり、selectする権利は全く与えられていないと考えています。

    しかし、他社が敬遠している理由と現象は何なのか?
    需要は何処にあって、誰が求めているのか?
    何が不足していて何が間違っているのか?
    サービスの質と深さを如何様にトレーニングしていくのか?
    体質改善と需要喚起の施策をどうすればいいのか?



    このような事柄を考え実践していくのは自由でありますから、旧態依然とした過去の慣習に右に倣え!の感覚は全く持っておりません(;一_一)

    悲しいかな、実力や能力や問題解決能力の無い人間に限って、前例主義であり新しい血を排除しようとします。
    この半年間で、そういった介護福祉業界の人間は嫌というほど見てきました(笑)



    『そりゃ!介護は給料安いし、人財育たないし、馬鹿にされるわwwwww』





    そういう事です(-_-メ)

☆ご挨拶☆ (play押して下さい!)

お問い合わせ

open-heart@orange.plala.or.jp

 ☎06-6748-8077

fax 06-6748-8087

 


ブログパーツUL5 count start 2012.3.01